with a smile

笑ってたいし・笑って欲しい。。。どうせ時間が過ぎてくなら、1回でも多く大笑いしよう♪

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かみしも
2009-11-03 01:26

めちゃめちゃ楽しい大阪ライヴ!!>>うんうん楽しかったね。
下北沢で待ってるよ>>>うん、行く!!
なんていいたい所だけどもぉぉぉ・・・今回ばかりはどうしても無理っす。
朝の2.30分がどうしても都合がつかない。短い時間だけども、その時間は譲れないんだよねーー。
ちぇっ、土曜日なら間違いなく行ってたのになぁぁ(ノ_<。)ウッウッ
行かれる方は楽しんで来て下さいませm(__)m

昨日のライヴが楽しかったから、お腹いっぱい、胸いっぱいなんだけどさ、そんな楽しい時間を味わっちゃうと人間と言う物は欲が深いからか、次々と求めてしまうね。
どんなに足掻いても私にとっては昨日が年内最後のライヴ。
だけど、そんな事をグジグジ言ってても仕方無いから、年明け早々のスケジュールをプリーズ(懇願)


で、ですなぁぁ楽しすぎちゃったんで昨日のライヴレポを軽く(あくまでも軽く)上げるつもりだけど・・・軽くても飽き性なので手を付け始めたものの一旦休憩(笑)

そして別のネタとして昨日のMCのお題の中で
「何故、向かって右が上手で左が下手と呼ばれるのか??」について触れたので、食いついてみる。

なんとなく解かってはいたけど、自信が無かったのでこれを機会に知りたがり~のakiちゃん調べてみました。
上手と下手・・・舞台上に使われる言葉に変換しただけで、意味は上座と下座と同じ意味らしい。
役者の中で地位の高い人が上手(上座)に立ち、下の人達は下手(下座)に立つと言う流れ。
今の時代の演技はどうか知らんけど、昔ながらの歌舞伎や能や雅楽等の慣わしが今に至ると言った所でしょう。
そして、別のお話しではお相撲も東西に分かれてて、
東は日が出る場所。
西は日が落ちる場所とされてて、東は上位になるんだそう。。。
昔ながらの劇場は北に舞台、南に客席と創りがなってて、客席側から見た右が東(日が昇る)で左が西(日が落ちる)なので、上手下手もその慣わしなんだそう。。。

あんまり難しい問題でも無かったね(笑)

昔、上座と下座簡単な判断方法として、入り口からもっとも遠い場所が上座と判断すると覚えたんだけど、その解釈を舞台関係なく当て嵌めたら昨日のブランニュは下手が上座で上手が下座。。。
っていちいち舞台関係なくしなくても良いか(笑)

って事で、何が言いたいかと言うと私は・・・
下手に立つシマシマな人が大好きです♪
なんて言いたかっただけさ(*≧艸≦*)
トラックバックURL
http://with0318.blog97.fc2.com/tb.php/991-efbfab01
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する