with a smile

笑ってたいし・笑って欲しい。。。どうせ時間が過ぎてくなら、1回でも多く大笑いしよう♪

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOPHIA SPECIAL SUMMER SHOP in 大阪なんばHacth ぱーと③
2008-08-25 00:00

本当は前回の段階で終ってる予定だったのに・・・
また、こんなに長くなってるし(´Д`;)オツムが弱くて纏まりませーん!!
良いさ、それでも付き合ってやるさ!!って言う心優しい方は続きにお進み下さい。

どうぞ~!! 
続き・・・サイコロトークが一周したので、もう一度最初から朋君に廻る。
お題は『悲しい恋の話』松『略して!! 壊れそうなも~のばか~り ふふふふふふん・・・♪』(この曲だったか定かでは無いが・汗)まっまっ松岡君が光GENJIを歌ってるよ!!と変な衝撃を受けた(爆)遠い昔の記憶が正しければ“かぁ君”と松岡君は同じ誕生日だったはずとふと思う。うん、物覚えが良かった頃の記憶は今でも残ってるもんだね(今じゃ歌詞も覚えないくせに)

○高校生の頃の話と朋君が語り始めたとたん松『オマエ高校行ってへんやろ!!』
朋『行ってたよ!!軍隊みたいな学校やったけど』
松『あれ高校やったんか!?』
朋『一応・・・全寮制の学校に行っててんけど当時友達から「女紹介したるわ」って言われて
松『ガラの悪い学校や!!』と、朋君の話になるとどうも一ちょ噛む率が高くなる(笑)
てな事で紹介された子が朋君より背の高い女の子が来たという。でも、そこから仲良くなり、ある日紹介してくれた友達カップルと朋君&彼女と放課後のプールに侵入!!もちろん、泳ぐ事無くプールサイドで寝そべって彼女と話しているとひょんな事から何故か「おっぱい」の話になる。
『俺、まだ一回もさわった事が無い・・・ホンマは1回だけあってんけど嘘ついた』(知らんがな)と彼女に伝えると、彼女は「触っていいよ」なんて言葉を頂く。本当は触りたかったらしいが流石に自分から触りに行く事はできないと、彼女とすったもんだやり取りをして最終的に彼女が朋君の手を取って触らせてもらったとか。『触った感触があんまり無い、たぶんAカップ』(オッオマエ失礼やろ・爆)な事になる暫くしてその彼女に自分の事をどう思ってるかと聞くオマエ、普通はそっちが先やろ!!付き合ってるんちゃうん!?』当たり前のような松岡君のツッコミが入りつつ・・・当時彼女から受けた答えは『友達以上、恋人未満』って言われた悲しい恋のお話。
会場は拍手もなく盛り下がった空気に『なんで、そんな盛り下がってるねん!!』と言っておりましたが松『こんな話で拍手する自分も嫌やわな』と松岡君の締めで終り。
文字に起こせば何とも無い感じだけど、実際だと朋君の話し方が若干リアルで引きこそはしなかったが(穢れた大人なんでね)聞いてるコッチが恥ずかしくなってしまった(//∀//)

続いては都君、お題は『稲川淳三』(本家稲川淳二さんの話よりもちょっと怖く無いバージョン)
松『ああ1ダースの言い訳が・・・♪稲垣潤一さんね。あんまり口あけて唄わへんから。。。』 あっ、“稲”と“じゅん”をかけたのね、マジで今頃気付いたわ(笑)

○友達と手ふり地蔵を見に行った。別の場所に移動して神社かなんかに行ったら急にバンッ!!て鳴って、灯りが消えてダッシュで逃げたとかそんな内容。。。
だってね、会場のライトが消えた瞬間にメンバーがペンライトくらいの大きさのライトで顔を照らすんだけど、一番奥にいる筈の朋君の顔がやたら大きく浮かんでるし黒ちゃんはもはや何なのかわかんないし、一瞬は怖っ!!と思ったけど、見慣れると笑えてきて爆笑しそうになるのを堪えるのに必死だったり、松岡君が客席向けて突然ペンライトで遊んでたんだけど、なんばHatchの高い天井まで明かりが届いていて『あのペンライトってあんなに光るんやぁ』と的外れな所で感心しておりましたf^_^;

続いてジル君次はちゃんとジングルを聞き終えてからサイコロを投げる。『ちょっとそりゃないで』
松『あ~~果てしなくぅぅ・・・・』もう、ネタに尽きたのか本日2度目の再演?一度目は朋君とのコラボでしたが、今回は最後までお一人で・・・しかし『裏切りの話でぇぇ』とさっきと何かが違う。
朋『あれ?そんな歌詞やったっけ??』
松『えっ!?なんでなんで、ちょっと歌ってみて』
朋『ふ~ふ~♪裏切りの言葉にぃぃ』
松『あっ、オマエが歌ってるんわ1番やろ!?俺は2番やから』
朋『なんで2番に行くん!?』と結局コラボしたのでした。

おっと、ジル君の事でしたね。
○19歳くらいの頃道路工事などのガードマンでバイトしてた。その日の現場はあまり土地柄が良いところでなくて、“気をつけるように”と指示があった。嫌やなぁと思いつつも現場に向かい交通整理をしていた所、暴走族がやってきた。今までもそんな経験はした事があったので慣れたもの、20mくらい前で一応立ちはだかり止めてはみるが、やはり制止を振り切られる為、危険回避でスッと身体を下げるなんてしていた。手元に無線を持っているので反対側の先輩との連携プレーで行っていた。。。
すると、向こうからフルスモークの所謂そっち系の方の車がやって来た。
一応、事故を起こされても厄介な事になるので同じく身体で制止。案の定、車中の怖いお兄さんから一斉に『殺すぞ!!コラ!!』の輪唱を受けたらしく、一応は制止したのでそのままスッと身体を引いて通してあげる事に、ソッコーで無線を片手に先輩に連絡を取るが、ドン!!とぶつかる音がして先輩を見に行く。反対車線からも同じ様な車が来ていて接触事故。。。矛先はジル君達の方に向けられ『オマエ、こらコッチ来い!!(`□´#)』と連れて行かれそうに『俺このままコンクリート詰めにされるんやろうな。短い人生ながらも楽しかったぁ。でも、できればもうちょっと長生きしたかったな・・・』と思った矢先にGOD BLESS☆
ちゃんと、救いの神様は現れました。向こうからやってきたのはポリスマン!!で、命は救われたらしい。後で聞いてみるとソコは土地柄が悪くて、“いざこざ”が頻繁に発生する“曰く付き”の場所なのでポリスマンもしょっちゅう巡回に廻っている所だった。
でも、その時に実は2・3発殴られていたらしく何か保障は無いのか上司に掛け合ってみると『スマンナー、コレで勘弁して』と渡されたのが覗き部屋の2000円引き券でそりゃぁ、ちょっと無いわぁ!!って話。
私的にはこの日“そりゃ無いわ話”MVPに輝きましたよジル君!!だって、無料では無く割引ってのが!!えっ!そんな問題じゃない?(爆)

実はこのバイト先に都君も働いていて、既にこの二人は知り合っていたらしい。でも、この頃はバンドは全く関係なくて後に松岡君に紹介されお互いに「あ~っ!!あん時のぉぉ!!」と再会。
縁なんてそんな物なんだと言ってたような気がする(定かでないが)


続いて黒ちゃん『そりゃ無いわ』 松『略して・・・覗き部屋の2000円割引って無いわ!!』 会場『覗き部屋の2000円割引って無いわ!!』←今回、初の掛け合わせがこれっすか!?

黒『時間が無いんで手短にね。この話は正に今日の朝の出来事なんだけど。昨日、大阪に来てホテルに泊まって、今日は朝が早くて9時頃には出なきゃいけなくて・・・眠いなぁって思いながら支度して、エレベーターで降りようとしたらボタンの所見たら小さな紙が貼ってあって、ビジネスホテルみたいな所だから“豆知識”みたいのが貼って有るんだよ。で、エレーベーターを待ってる間にそれを読んだらね“電気椅子”についてなんだよ。アメリカとかで処刑に使われるあの“電気椅子”の話で「この電気椅子は過剰な苦痛を与える事無く死刑を執行できるとか、何年に作られて初めて使用されたのは何年で・・・」とか書いてあんの。朝から嫌だなぁってブルーな気持ちになってエレベーターが来たから乗ったらね、中にも張り紙があって今度は“阪神大震災”の事が書かれてたんだよ。でも、もう今は読みたくないの受け入れたく無いのよ・・・で朝からブルーになってココに来てそりゃ無いだろって話でした』
松『黒ちゃん今日ブルーやったん?その割には何時もよりテンション高く入って来てたやん!!』
黒『うん、だから前向きになりたかったの!!』

朝からお疲れさんm(__)m


また、長くなってしまったので(冷汗)ぱーと④に続く・・・。
トラックバックURL
http://with0318.blog97.fc2.com/tb.php/451-fcc2e2ea
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する