with a smile

笑ってたいし・笑って欲しい。。。どうせ時間が過ぎてくなら、1回でも多く大笑いしよう♪

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HENRY@名古屋ell.Fit All 2011.01.25
2011-01-26 23:25

なんでやろう??
黒ちゃんの『良いライヴでした』の言葉を見たら、急に涙腺が崩壊しました。

自分でもどこが線なのか??どこに泣くスイッチがあるのか??
ホンマようわからんわ。

よう解らんけど、今は取り合えず胸が苦しい・切ない・苦しい・切ない・苦しい。。。
あ~やっぱり勿体ない。

でも、そんな事を言っても仕方ないのは十二分に承知しております。
解ってますよ。
ただ良いライヴされたから、もっと!もっと!と欲張りさんになってるだけですよ。



てなわけで、昨日レポをするのか??で迷ってたんだけど、自分に対する備忘録として感想文を少し。




1年ぶりくらいに向かった名古屋!!早く出るつもりが前日に眠れなくて、オチビを送り出した後にほんの少し仮眠を・・・が、爆睡に変わってしまったとかは内緒。
結局、自宅を16:30に出たんだけど、大阪市内のライブハウス行くのと変わらない時間じゃね??
ええ、お金さえあれば名古屋なんて『ちょっとそこまで』のお使い感覚で行けるんですよ。
神戸に出るのと時間的には変わらないんです・・・あくまでも時間的にですが(笑)

ド方向音痴の私は前日に調べた&名古屋の友達の案内もあって無事に迷うことなくと言いたかったけれど、箱が目立たなすぎておもいっきり通り過ぎてしもたがなっ=3
近くのカフェでお茶してた友達と合流して、通り過ぎてた事に初めて気づいたんだけどね(^_^;)

まっ、道としては迷ってなかったから合格!!(って言っても駅降りてまっすぐだったけど・汗)
帰宅の際に乗った電車が逆方向で友達と二人で迷子になりかけたとかは、ココだけの話。

オープンすぎに行ったのに、平日とあってか人はまばら。
開いてる上手に着地、暫くすると暗がりのステージにシンタロ君の姿が。
そ~いえば、ココってカーテンが無いじゃん!!そ~いえば、前に友達が言ってたなぁぁ。

久しぶりにカーテンの無い箱だったから、微妙な感じだったよ。
あれ??大阪もどっかカーテン無かったよね??2nd LINEだったかな??

いやいや、カーテンって必要ですね。なんやろこの間の抜けた感覚は(笑)
やっぱ、カーテンの隙間からチラチラ見えるあの感覚が良いんですよ。
ちらリズムがそそるんですよ(爆)←THE★オッサン感覚

シンタロ君が掃けた後にキャズキその後に弓ボーイ、またシンタロ君、な感じでライヴ前にメンバーさんの姿がチラホラ。
コレも手伝ってか?変に身構える事なく、シンタロ君卒業東名阪ツアー1/3を迎える事ができたんだけどね。

間もなくホールが暗転して、本日トップバッターのHENRY!!
SEと共にいつもと同じ何も無いような感じで・・・同じだったかな??(たぶん)メンバーが登場する。


<セトリ>

1・若葉  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 初めて逢った時に、心惹かれた1曲&我が家にHENRYが導入された1曲。色々と思い出をくれた1曲。イントロだけで昇天できるほど大好きです。
1曲目から弓ボーイの表情がいつもと違ってて、なんか堪えてる感じの表情に私は見えてね。
アカン!!と思ったから目線を前方に。。。
笑顔でと思ってたから、泣くわけにはいかないのだ!!


ト『どうもーー!!HENRYです。名古屋は年が明けてから初めてなんで、だいぶ遅れましたけど名古屋のみなさん明けましてオメデトウございます!
今回は名古屋・東京。大阪と回るんですけど、この東名阪ツアーHENRYにとって大切なツアーになります。 BASSの安田慎太郎がこのツアーをもって卒業する事になって、4人で名古屋に来るのはコレが最後になります。なんで、1曲1曲を大切に届けられる時間にしたいと思います』
感じのMC。(あくまでも雰囲気ね雰囲気。MCの場所も前後があると思う…たぶん…きっと…絶対。なんで、以下のMCはすべてニュアンスだけと思って捉えてくださいませm(__)m)
しかし、この内容がいきなり来たから、ヤバいヤバい(/_;)

2・絆 喉の調子が悪いと事前情報があったけど、何も気にならないくらい・・・っていうか、事前情報さえ忘れさせて頂きました。お願いだから弓ボーイ笑って。
この時だったかな??キャズキが合間合間に後ろのお客さんを煽ってたんだけど、しばらくしたらトオル君も後ろのお客さんを煽りに上手のステージ前まで出てきてた。
トオル君がマイクから離れて煽ってる姿を見たのは、私の記憶が正しければ初めて。
ただ、なんとな~く…なんとなくだけど、もう前に向いてるんだなってふと感じたシーンだったよ。


3・ADLT(m7) 真っ赤なステージに包まれるメンバーは本当にカッコいいと思える。


シ『だいぶ遅れたけど、名古屋のみなさん明けましておめでとうございます。
ココに居る人は、HENRYを初めてみるって方がほとんどだと思うんですけど、今回の東名阪ツアーで僕は最後になるんで、今日くらいは色々な事を振り返りながらココに来るのもええんちゃうかな?って思ってたんです。
で、車で来るのに1番最後に拾われるんですけど・・・来るなり「シンタロ運転してくれるか」って、いきなり運転させられて、でも運転しながら思い出話でもと思ってたら全員ソッコーで寝るんですよ!!
一樹に至っては着いた瞬間(写メ撮りながら)「シンタロ晴れてるなー!!」って。
ココに来るまでに雪がすごくて、4人の命!4人の命って!思いながら俺必死で運転してたのに!!』


シンタロ君を特別扱いしない緩い感じが、ちょうど良いのかもね(^_^;)

シ『一樹になんか、名古屋で思い出ってある??って聞いたら…「無いなぁぁ」って(笑)

締めくくりが無い感じでシンタロ君のMCがフェードアウト。

ト『えっ!?あっ、もういいんですか??大丈夫ですか??
名古屋に初めて来たのはいつやったっけ??』
カズキ君の方へ視線を
シ『聞いても解らんで!思い出無いって言うてるから(笑)2008年ちゃうかな??』
ト『2008年…3年前か、まだ3年も経って無いか。今日は名古屋に初めて来た時に演ったセットリストなんですけど、名古屋にも思い入れがあるんで、今日は本当に1曲1曲大切に、みんなに届くようにと思ってやってます。』


4・君に捧げる愛の歌 この曲って毎日お家では聴いてるけど、ライヴで聴いたのはいつだろ??ってくらい超ひっさしぶりに聴いたと思う・・・たぶん・・・きっと・・・ギュッと・もっとべいべー♪
生で聴いちゃうとキュンキュンしちゃうじゃないか!!トオル君の声が好きだなーー。


5・LET IT GO
ト『最後の1曲です。一つになって次のバンドに繋げたいと思ってるんで、一緒になって盛り上がりましょう!!今日HENRYを初めてかそうでないかのはだいたい見当が付きました。なんで初めての人は覚えて一緒にやってください!!』

で、君は君であれ♪の一連の振付け。上手でカズキ君が初めての人たちにお手本を見せる。
気を利かせたのか??後ろを向いて手振りを指導・・・・が右左が逆!!よけいに戸惑わせちゃうよ兄さん!!
なんて思ってたら、自分が戸惑ってしまった様子(笑)
キャズキ・すったもんだするの巻を見てたら、いつの間にかサタデーナイトフィーバーちっくVerのご指導に入ってたよ(汗)
すったもんだに釣られて、じゃっかんズレてしもたがなっ!!でもまだ練習だから大丈夫(笑)
でも、あの・・・通常Verは今後やる事はあるんですか??(笑)

イントロや間奏の間、シンタロ君と弓ボーイが目を合わせてニッコリ。
シンタロ君とトオル君が目を合わせてニッコリ。
アカン!!この場面がめっちゃ好きすぎるやん!!ずっと、コレからもずっと見てたいやん!!・・・おっとイケナイ!!楽しい曲なんだから、楽しまなきゃネ☆

出せる限りの声で一緒に歌って、ちゃんとサタデー以下省略で終了!!

演奏が終了すると、ステージ中央に4人が集まった。

ト『今度、名古屋に来る時は今のHENRYとは形は変わってますが、頑張っていくんで
コレからもよろしくお願いします!!アリガトウございました!!


と一礼して終了!!顔をあげた時にシンタロ君が弓ボーイの顔を見るなり、頭をペシッ(*゚ー゚)ノ)゚O゚)ペシッ!
お互い顔を見合わせて笑顔でステージを去っていきました。

泣かない様に頑張ってたんだけれど、いや頑張るというより、ライヴ中は自然と笑顔になれたし、あんまり考えずに(実感が湧かなかったんだけど)いたから、そんなに号泣なんて事は回避できたんだけど・・・。
最後の最後でのトオル君の言葉は反則ワザでした。

こぼれそうになったから『化粧が取れる化粧が取れる』と呪文を唱えたが、シンタロ君と弓ボーイのやり取りみて
涙。。。
でも、まだ泣きたくなくってね。
だって、私にとっては最後じゃないし・・・の前にシンタロ君が笑ってって言ってたしね。

この日のライヴは本当に良いライヴで、1曲1曲が大切なんだという思いが伝わってっきた時間でした。
笑顔で送り出すのがファンの務めではあると理解はしてるけど、この4人じゃなくなるのが心の底から惜しいっ!!と本気で思ったんですよね。

13日に笑顔で送り出せる自信が無いんだけど(汗)←アカンがなっ!!
だけど・・・だけど・・・・

まぁ、なんしか楽しい超最高な時間になったらなって思ってる。

最後に、マイナスシンキンから見つけ出したポジティブシンキン・・・


こんな切ない気持ちになるけれど、こんな切ない気持ちを抱かせてくれるバンドに出逢えてシアワセだゼ(^_-)-☆
トラックバックURL
http://with0318.blog97.fc2.com/tb.php/1293-8750e1f7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する