with a smile

笑ってたいし・笑って欲しい。。。どうせ時間が過ぎてくなら、1回でも多く大笑いしよう♪

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOPHIA SPECIAL SUMMER SHOP 2010 @大阪御堂会館2部
2010-08-29 16:00

時間潰しのお暇な時にでも読み進めて下さいまし。
正確性には欠けると思います。
自分の記憶に有る物を絞り出しただけなので、会話が端折ってたり、内容が前後したりと至らぬ点が多々ありますが、お見逃しくださいませ♪

でわ、ご興味のある方は続きからどうぞ。。。
8月27日夏もボチボチ終わり??なんて言葉が似つかわしくない程のカンカン照り。
朝一から並ぶ気力は全くなく、2回目の上映に入れたらいいじゃない??程度の緩~い感覚と、それよりも暑いのだけはマジ勘弁!!と日傘&アームカバーとドリンクなんて、日焼け対策&暑さ対策に異常な気合を入れる(爆)

お友達のご厚意に甘えて、先に地方に行った方がDVDを仕入れてくれていたので、最悪は金銭の受け渡しだけできたら、今日の任務は完了!!なんて勢いだったのはこの段階だから言えるお話(←その節はお世話になりましたm(__)m)

頑張らない事を目標に10時前に頃に会場につく。この日の会場はお寺の敷地内?という何とも不思議な会館。

既に並んでいた友達にお金をお渡してDVD確保完了!!と同時に今日の目標も完了(待て)
さすがにこの時間なんで、当たり前のように1回目の上映列はかなり並んでいた様子。
建物の下から表の道路に少し列が繋がって奥に進む感じ。。。なのに、あんまり込み合ってる雰囲気は感じなかったな。
とはいえ、人数は多かったから1回目の上映を見る気力が何故か起きず、友達と2回目に並ぼうと言ってたら、2回目の列がちょうど作られてた。。。

なら、コッチ行こうと頑張るつもりは無かったのに、待ち時間の長いほうを選択した。
コレが後にミラクルを起こす(爆)
ちょうど日陰での待機だったから余裕ぶっこいてたら、一度目の上映会の整理券の配布始まり、自然に物販列も伸びだして、2回目の上映列は移動させられた場所が直射日光が直撃orz

スタッフの人から、ある程度列が落ち着くまでその場所を離れないでくださいとの指示もあり、おとなしく待っていなければならず・・・・覚悟はしていたけれど、心が折れかける。
日傘とアームバンドを装着して出来る限りの暑さ対策はしていたけれど、コンクリートの地面から攻撃してくる照り返しは容赦なく、サンダルを履いてる足を攻撃!!
スニーカーにすれば良かった、足に太陽が刺さって痛かった。
お寺側に並ばされたので、お尻向けたら罰が当たりそう・・・なんて会話もしつつ
友達とこのままだったら、上映会の整理券よりも救急車の整理券が配られるかもねーーー(-“-)なんて、やり取りする事20分くらい??
一人のスタッフさんが近寄ってきて、「涼しいところに行きましょうか??」の一言で、そこにいた皆の命は救われた(爆)

そのスタッフさんが神様に見えたのは言うまでもなく、未だに命の恩人の顔は覚えてる。
誘導に従い落ち着いた場所は1回目の列の後ろの方。
建物の下なので、日差しは完全シャットアウト!!快適だぁぁ快適すぎる!!

待ち時間も緩く過ごせたが、何よりも2回目の上映列もかなり緩い。
整理券が配られたのは13:30からだったけど、11時過ぎてもまったく列が伸びない。
4人一列で並んでたんだけど、建物の下(たぶん頭上は渡り廊下)に待ってる全員が入れる。
たぶん100人くらいかな??が居ただけだった。
なんで、一回目の上映券を貰った人たちがもう一度ならんで・・・しかも1回目の整理番号よりも早い番号なんて具合。

緩いのは私だけじゃなく、大阪のファンが緩いのか!?
結果、頑張るつもりは無かったけど、むちゃくちゃ頑張ってる自分に気づく(笑)

待ってる時間は最後の15分は長く感じたけれど、それまでは快適な時間だったから辛くなく過ごせた。そして、いよいよ整理券配布。

11番と12番ゲット!!←スッゲー頑張ってるやん(笑)
15時半開場だったので、15分前には集合してくださいと言われ、それまで近くのコメダでブレイク。
15時過ぎに会場に戻ると一度目の上映を見てきた友達に、着地する場所についての傾向と対策を聞かされる。。。下手癖が有るから事前に伝えてくれたんだけど、その時点では何故その席をチョイス??としか浮かばず、焦らしプレイの嫌いな私は「なんで??」と聞きまくる。
ネタバレになるからと言われたが、後回しにする方がストレスだったのでせっかちに聞きまくると。。。

能生来阪!!の短めな言葉を聞いた瞬間・・・・涙が出てきた(えっ!?)
嬉しすぎて友達に飛びつき抱き、恩を仇で返す(笑)
大阪だからジル君が来ると、勝手に信じて疑わなかった。その過信を一緒に居たジルヲタの友達も信じていたから、申し訳無いったらありゃしない・・・・が、やっぱり嬉しかった。
友達に「ゴメンナぁぁ」と連呼してたけど冷静に考えると、私が決めたわけじゃ無いやい!!
と思いつつもやっぱり「ゴメンなぁぁ」と(笑)

口では謝りながら、顔はドンドン締りの無い状態に・・・。

アレ??自分の異変に気付く・・・ハッキリ言って近くで見るのは他バンさんで慣れてるんですよ。
他バンのライヴに足を運ぶ時はこんな緊張なんて言葉はスッカリ皆無なのに、心拍数がドンドン上がってる。
一歩ずつ場内に近づくたびにドキドキ・ドキドキしておかしくなりそう。。。
鼻から息が=3←こんな感じで出てるのが解るくらい(笑)
友達に「鼻息荒なってる!!=3←こんなん出てる!!」と繰り返し、ボキャブラリーの無さに拍車がかかる。

スタッフさんの誘導で場内に入る、先頭の人から順番にゆっくり誘導に着いていき、一列目に到着・・・「席は自由なんでお好きな場所で!!」なんて言葉と同時に傾向と対策でレクチャーされた最前センターブロック上手に着地!!

お隣に座った方も黒ヲタさんだったので、しばし同じように緊張を分かち合ってその時を待った。

鼻息が治まらないまんま、時間になって客席が暗転して、司会進行のFM802の浅井さんが登場!!

先ずはAXの裏側の映像を挟んでトークを行うと、今日の内容を説明。
途中、映像を「えいじょう」と噛んで、当たり前に客席からツッコミが入るが「噛んでないっ」と返えしてた(笑)

<AXの映像>

オープニング??って言えばヨロシイかしら??で一言づつ挨拶。
朋君の『ありがとー』とジル君は万国共通でウケが良い事を知る。
現地で行われたファン交流は、この後のトークにも話題になってたが人が少なくて
人が多いことに見慣れてるから、なんだか変な感じだったな。
その時だったかに着ていた黒のセットアップの能生さんに萌え倒す!!インナーがⅤネックでカッコよさ倍増!!(当社比)
ニコ動では放送されなかった、例のリーダー変身・・・動きが想像以上に固くて(≧m≦)ぷっ!
ニコ動でも見た光景だけど、再度この映像を見ると現地の方たちの楽しそうにしてる姿が微笑ましい。
言葉の壁を乗り越えるってこういう事なんだと身近に感じました。
5人て訳じゃないけれど、この事にも意味が有るんだろうね。
遠く離れた海の向こうで待ってる人たちの為にも、必ず完全態のSOPHIAでまた海を渡らないとね♪
新たな仲間を増やした5人の使命!!。


○トークショー!!
浅井さんの一声で黒ちゃんの後に松岡君が登場!!


本日のファッションチェック!!

リーダー   黒の7分袖のインナーなんだけど、襟がなんて形が名前は知らんが、タートルネックの大振り版って言えば良いかしら??その上に白地に真ん中にユニオンジャックそのまた真ん中になんか顔??みたいな黒で書かれたイラストがプリントされたTシャツ。でもって、黒のサルエルパンツに黒のハイカットスニーカー(ブランド不明)胸元には少し大きいターコイズブルーのクロス。

黒ちゃん   黒地のTシャツ胸にロゴが入っててMADTOYSと書かれていたと思う。おなじみのC.F.T.Lデニムのハーパン&ナイキ黒×白のハイカット。左手にはラバーブレス3本&右手には黒のリストバンド(ロゴが入って無かった様に思える)蚊に食われた感じで足が赤くなってた(どんだけガンミしとんねんっ!!爆)

でね、黒ちゃんが来てるよと聞いてから、この瞬間まで、ヨレ気味のTシャツ&迷彩パンツ&ビーサンでお披露目だと信じて疑わなかったんですよ。
まさかのしゅっとしたスタイル!!そりゃぁぁもう『どうしたの~~!?カッコ良すぎなんですけどーーー!!!』お言葉には流石に出せないが心の中では大きく叫んでた。
いやぁ、冷静に考えたらなんて事無いスタイルだから、私だけが思ってるのかな??と思ったけれど、その日絡んだジルヲタ2名からも『なんか今日の黒ちゃんめっちゃカッコ良かった』や『黒ヲタさんが黒ちゃんを好きになる理由が解った』等のお褒めの言葉(社交辞令では無い・・・たぶん)を頂き、本日の能生萌えは万人が認めるものだと知る(って2名やがな・笑)

そんな、カッコいい姿で颯爽と歩き用意された椅子に着席すると・・・・

黒ちゃんがぁぁぁぁ!!
ドまん前。
少しずれると想定していたのでココでも心拍数が上がる、救いは少し下手側に体を向けて座ってたから、向こうの視線がコッチには全くない事。。。お蔭で心余すことなくガンミに集中(笑)

今日の私の想定はものすごく良い意味で外れまくってるな(笑)

ココからのレポは話の前後がかなりある&一言一句あって無い等の曖昧さがものすご~~~~~~く有ります。。。優しい気持ちで読み進めてくださいませ。

<トーク>

サマショが残すところ2本になって、やっと黒ちゃん登場!!
うちの最終兵器、リーサルウエポンだとリーダーから言われていた。
松『やっと出てきたけど、今まで何しとったん?』
黒『えっ!?さっきも言ったけどもう一回言うの??』
待て、そりゃ確かに一回目を見た人の方が確実に多いかもしれんが、あくまでも2回目の上映だと言う事を忘れるな。結局は今までの話はされず、次に進む。

○AXでの裏話。。。

最初に現地のファンとの交流が出演者で順番にあったらしく、SOPHIAの前の声優さんは盛り上がっていた様子。その様子を確認して
松『ぶっちゃけこんな言い方は失礼やけど、声優さんって言うても僕らは存じ上げてなくて、あんまり有名じゃないというか・・・本当に申し訳ないんですけど、ちょっと勉強不足やったんかもしれんけど、僕らの知らない方やってね、その人でこんなに盛り上がってるんやから、俺らはゲストで呼ばれてるし余裕やろ!!って思ってて中開けたら・・・ガッラガラ(笑)60人くらいしかおらんねん。質問コーナーみたいなんがあってんけど、現地の人も気ぃ使って同じ人が何回も手あげてくれてwwwキサラギあんのに、ヤバいぞってなってスタッフが急遽相談しあってチラシ作って配ったんですよ!!』
黒『あん時は、ホンマ打ちのめされた!外人・・・って言っちゃダメか外国人の人達って面白くなかったら正直なんだよ。だから面白くなかったら会場を出ていくんだけど、普通に会場を出ていくんじゃなくて、ちゃんと面白くないアピールをするんだよ。わざわざ、人の前通って出て行ったり、その時も何人か目の前通って出て行かれたし(笑)』
ソートー心が折れたらしい。。。

でも、なんとかキサラギはスタッフの頑張りの証であるチラシ効果もあり大盛況に終わったらしい。

○キサラギのお話

向こうの講演は演者はもちろん日本語のセリフで、横に英字幕が流れていたと。
一番前で見てたと言う能生さんの感想は
黒『向こうの人と笑うタイミングがずれるの。字幕でセリフが流れてるんだけど文法の加減で先にオチが解っちゃうから、それ見てるから先に現地の人の笑いが起こって、暫くしてコッチが笑うって感じで』
言葉がらみで時差があったものの、向こうの方にも好評だったみたいです。
ヲタクを題したストーリーだったから、解りやすかったみたいだね~、ヲタク万歳(笑)

○AXのライヴ

キサラギはチラシ効果で大盛況だったみたいだけど、メインのライヴの方に不安要素を抱いていた様子。
松『ココだけの話やけど、○×△※★hhイト(言葉を濁す)、大きな声じゃ言えないですけど、○×△※★hhしさんも来ていて・・・わかる??ぷっちょぷっちょ言うてる人達が前日にやったライヴが大惨敗やって聞いて、ソコがヤバいんやったらSOPHIAもっとヤバいやん!!ってまたなって、またスタッフがチラシを作って配ってね、で一緒に来てたファンの子達も「私たちも手伝います!!」って言ってくれて、現地の人たちに皆で宣伝してくれて、そしたら大盛況で!!一緒に日本から行ったファンの子らが頑張って盛り上げてくれて、見よう見まねで現地の人も一緒になって』 

~本当に現地に駆け付けたファンの方達が頑張ってた話を別でも聞く。
その話を聞いた時は感動して涙もでたし、ファンの鏡だと心から思ったよ。
でも私の話じゃないから、ココで言えないのが残念。~


どんな感じだったか??みたいな質問に
松『手を振ってくれるのとかしてくれたりね、コレはここに居るみんなも上手いよ!!\(^。^\*)/(^。^/*)\(^。^\*)/(^。^/*)こうやって』
わざわざ、席からたってジェスチャー付きで説明してくれたけれど、普段はされる側が専門分野だから、姿勢を正し腕をピンと伸ばして振る動きが硬くて(笑)そのままライヴで行われたら肘を負傷しそうな感じだった。
なので、リーダー!!ソレはコッチ側にお任せあれ♪

○エターナル登場

浅井さんからエターナル出現はどんな風になんて感じの質問
黒『あの中の人が・・』と言いかけた所で即座に
松『中の人ってなんやねん!!アレは俺が変身してんで!!暗くなってる時にダカダンッ(間奏のドラム)でベルトに手をやり、その後もドラムの音に合わせて1つづつ変身の工程をしたと動きで説明。最後にチャ~チャ~チャン♪で、エターナルになってん!!』
黒『お蔭であの時ね、真っ暗なんですよ。真っ暗な中で弾かないといけなくて暗い中で1.2.3って数えながら弾いててんで』
松『なんか大変やったみたいに言うてるけど、そんな難しないんですよ。朋は打ち込みやしww』
なんだか、このやりとりが心地いい(笑)

松『そんな風に文句言うてるけど、ホンマは一番うれしかったんやろ?
実はあの時に新聞の取材が来ることが解ってて、フロント二人でライダー挟めって言うてたんですよ!!写真に載るからっ!!てSOPHIAがライダー挟んでって滅多に無い凄いことやで!!って・・・そしたら出来上がり見たら見切れてんねん!!ジルだけ写ってて。
緊張してよう近づけへんっ』

黒『リアルな話したらね、ジルの方はアッチに向いてるから大丈夫なんだけど、ものすごく視界が狭いから、コッチ見えないから近くに行ったらバンッ(裏拳)ってやられそうで嫌だったの。』
危険察知能力が働いたらしい。
黒『もっと言ったら、予定では中の人がもっと動いてくれるのかと思って待ってたら、意外と行動範囲が狭くて(笑)ぜんぜコッチに来てくれなかった。』
アレは変身した俺やと豪語していたリーダーも少し困った様子(笑)

本番では絡めなかったらしいが、やはり自他共に認めるライダーヲタ。
黒『間近で全身をマジマジと見たで!!あんな近くでライダー見れるなんて無いからめっちゃ見た!!』と興奮しながら話してた。

松岡君から客席に向かって質問がある。
松『ちなみに、この仮面ライダーWをまだ見てないっていう人??』
客席過半数が手を挙げる。そのうちの一人ですが何か?・

浅井さん「みんな、そこまで正直にあげなくても良いんだよ~」と少し正直者を目の前にタジタジ(笑)

そこからだったかな??黒ちゃんがライダーヲタが披露される。
黒『僕は仮面ライダーが好きでね、自宅に歴代のライダーフィギュアとライダーベルトがずらっと並べて飾ってあるんですよーー』と誇らしげに語るが
松『毎日ベルトはめて喜んでるねん』
黒『入らんわ』
松『一人でベルト着けてるねん、裸で!!』
黒『なんで裸やねんっ!!』
松『風呂入って体を清めてから着けるねんっ』客席爆笑!!やってても、ちっとも不思議じゃないと思ったのは私だけでしょうか??(笑)
松『持ってるの全部つけたらええんちゃう??ココにもココにもココにも』と腕や足やあらゆる所に装着しちゃいなYO!!提案されてた。


○仮面リーダーのお話

松岡くんもエターナルのベルト&フィギュアを買ったらしい・・・ベルト20個フィギュア60個って言ってたはず。客席からも大量購入に『えっ!?』なんて空気が流れたのはお約束。
なんでそんなに購入したのか?の質問に
松『みんなに配るねん!!いいともに出た時に着けてたやつもそうやで!!』
とお子様用のベルトを着けてた事を明かす。さっき子供用やから入らへんと言ってた能生さんの立場は??(笑)

黒『最近、やっと手に入りやすくなってきたな~。俺が最初買に行ったときはベルトもフィギュアも1個づつしか残ってなかってんやん。最近になっていっぱい置かれてるのを見るで』
松『そうそう、すごい売れたらしくて。でも、悪役でこんなベルトとか出してもらえるのって珍しいねんで!!』

○仮面ライダーWの見どころは??○

松『コレはあんまり言うたらアカンココだけの話やねんけど・・・・ぶっちゃけ・・・3Dより2Dの方がええ!!』
黒『ホンマかっ!?(笑)』
松『ホンマ!!ホンマ!!と話を続けようとした時に客席にいたお子様が少しぐずった声を真似て、ほら言うてるやんっ!!3Dより2Dの方がええで~~って(笑)』
松『コレは錯覚かもしれんけど、3Dになると音が小さい気がすんねんっ!!特にWが流れる時に解るねん。』
人間の脳はキャパがあって技術が増えると一部が省略されると言う感じな説明をされておりました・・・ってココで書いてええんかい!!

○9月から始まるキサラギについて

黒『俺、キサラギ好きで舞台もこないだのアメリカも含めて何回も見たし、家でもDVD買って100回くらい見てるんやん』
松『今日、なんか100好きやな(笑)』←この話はこの後に続く
黒『(笑)で、すごい好きな話で何回も見てて、ヲタクっていうか俺も憧れてるアーティストとかいて、すごい気持ちが解る部分があって。なんて言ったらいいのかな??愛情って言うかヨコシマな気持ちの無い感情が表されてて、舞台もずっと時間と同じに話が流れてるし、ストーリーは同じなんだけど、どっちも見て思うけど、舞台の方が絶対に楽しいって思う。
だから、観に行った方が良い!』


この時にリーダーも話をしていたと思うが、キサラギに対して熱く語る能生さんの話の方がインパクトに残ってて記憶が無い。
とりあえず、キサラギは楽しいという事とリーダー大好きってな事が激しく伝わった。

○夏の過ごし方??

そんな風な質問だったと思うけど・・・・記憶乏しい。
とにかく、ゴルフにも行けてないらしく
松『今日も大阪に飛行機で来たんですけど、窓からゴルフ場が見えるんですよ!!ソコがどんなコースが有るかめっちゃ見てて、上からこの1.2.3.4ってコース数えたり。』
東京から大阪間の空の上から見えるゴルフ場はどんなコースかまで知ってるらしい・・・って話だったと思う。(曖昧)

この流れからか??飛行機の話に
黒『そんな風に言ってますけど、リーダーが飛行機を乗るときは尋常じゃないくらいビビッてます(笑)離着陸の時は常に両手は前の座席にけて、みんな携帯の電話切ったか~!?とか、めっちゃ言ってくるんですよ。切ってなかったらめっちゃ怒られる(笑)』
松『あのね、僕から言わせてみればみんな過信しすぎてる!!
あんな、みんな普通に乗ってるけどアレは航空理論ではちゃんと証明されて無いねんで!!』

黒『されてるわっ!!』
松『そう思うやろ!!されてないねんって、たまたま羽をつけて、たまたまあの大きさのエンジン積んだら飛んだってだけの話でね、実際はなんで飛ぶのか??とか解明されて無いねんてっ!!』
黒『それさ・・・怒られんで(爆)』
松『・・・・・・・・・・・・・どうもすみませんでした
リーダーの言葉を真に受けた奴がココに一人(笑)でも私も過信しすぎに1票!!www

~今でもメンバーには注意をするのか?~

松『最近はメンバーと一緒に移動する事があんまりないからね。でもスチュワーデスさんって今はそんな言い方したらアカンのか??キャビンアテンダントって言うねんな。CAさんの動向はちゃんとチェックしてる。。パイロットの機内アナウンスが流れた後にCAさんが機内電話を使って話してる表情とか見て、口では大丈夫とか言うてるけど、ホンマか!?とか』

○飛行機の話の流れからだったか??メンバー旅行の話。

~メンバーで旅行~

1回目は??なんてフリだったかな??
黒『僕はその時は行ってないんですけど・・・』
松『そうなんですよ!こんな風にね、せっかく皆で行こうと思ってるのに、こうやって「俺、今回アカンわ~」とか言い出す奴がおってね、最近はまったく行けて無いです』
黒『いやいや、そもそも旅行のプランを考える時点で意見が分かれるんです。
たとえば、冒険がしたいリーダーと、リゾートを楽しみたい都君と、だからなかなか決まらないんで』

黒ちゃんはどっち派??
黒『僕は半々・・・でもね、リーダーがもってくるプランも最終的にはリゾートになってるから(笑)
 以前にメンバー旅行に行ったときにね、リーダーが「イルカをシバキに行こう!!」って言いだして』
シバクって・・・と笑いが。
黒『本当にシバキに行こう!!って言ったんですよ。』
松『昔ね、南紀白浜で噛まれて血だした事があるんですよ、その仕返しに』逆恨みとも言う(笑)
その場所が遠いところに有るらしく100キロくらいのスピードで何時間もかけて走ったらしい。
黒『で、そのイルカをシバキに行く場所まで凄い遠くて車を100キロくらいでとばしてたんですよ』
松『あっ、また100言うた』
黒『いや、コレは俺発信じゃないから・・・で、100キロくらいで飛ばして、ずーーっと行ってたわけですよ。でね、あとその場所まで100キロくらいって・・・』
松『ホラッ!!また100って言うたっ!!』
何かにつけて100って数字を例え話に出しすぎて(これ以外の会話の中でも何度か使ってた)さすがに自分でも可笑しかった様子。
立ち上がって真っ赤な顔して客席に背を向け
黒『今日俺アカンっ~~、嵌ってるぅぅ』

といつぞやに拝んだジルくんとのトークが現れたが、コレは紛れもなく自爆。
1回目参加した友達から後になって聞いた話だけど、一回目の上映から例え話に100を連呼しており『子供の中で例えに出てくる大きい数字が100やから、黒ちゃんは子供』と言われていたらしい。
そして、仕切りなおして話の続き

黒『で、今までずーっと走ってきたのにその目的地まで100キロって所で、リーダーが「もうええか」って。
今まで散々走ってきてあと1時間くらい走ったら着くのに、そこから引き返したんですよ』

松『いやぁぁ、走っててもうどうでもええかなって、別にイルカ見なくてもええかって思って(笑)
で、メンバーに「ももええか??」って聞いたら、メンバー全員も「そやな」って言うから、来た道戻ったんですよ』


松『でも、その帰りにキングスキャニオンに行きましたよ!あの世界の中心で愛を叫ぶに出てくる場所!!エアーズロック行ってそこで都が、いきなり裸になってウォーーーー!!って叫んでんねん!!都の方が先に世界の中心で叫んでんで(笑)』
黒『やってたなー。』
松『で面白かったのが、上の服はバァッ=3て脱いだのに、ズボンとパンツは足首の所で止まってねん(笑)全部脱ぎ切れて無い中途半端さに笑いましたけどね』
黒『あれ、他にもお花畑かなんかでも脱いでなかったっけ??』
松『あった、あった!!脱いでたなぁ!!』
MCの浅井さんもイメージに無いと言うと
松『都は以外にそんな一面が有るんですよ』

~ジルさんはどんな感じ?~

黒『ジルはむちゃくちゃ運転が怖い!!いっかい死に掛けたもんなぁ』
松『そうそう!!対向車とぶつかりかけたもんなっ!!あの時は死ぬと思った。
前にトレーラーが走ってたんですよ、その後ろを僕らの車が走ってて、アイツそれを追い越そうとしたんですよね、でも向こうのトレーラーってコッチとは違って、長いんですよ!!
追い越そうと思ってもなかなか先頭に行かないから、ジル大丈夫か??って聞いたら「大丈夫!大丈夫(ジル君の真似付)」って言うんですよ。ホンマにこのまま行って大丈夫か?後ろ下がった方がええんちゃうか??って言うても「大丈夫!大丈夫」って。
ほんだら、前から対向車が来て、ジル下がれ!!ぶつかるぞ!!って言うたんですけど「大丈夫!大丈夫!」って言うて、さすがにもうアカン!!ってぶつかりそうになった時に、横からハンドル持ってバッ=3と避けて助かったんですけどね』

こ・こ・こ・怖ぇぇぇぇぇ!!!
黒『あの時はマジで死ぬと思ったもんなぁぁ』


○ジルはROCK
~デビュー当時は一緒に住んでいたとか??~

松『一緒に住んでたと言うか、同じマンション内で部屋を借りてたんですよ。』

~メンバーでお互いに行き来はあったのか?~

松『集まったりしてましたね。黒ちゃんの部屋はあんまり行かなかったんですけど、
なんて言うかな??黒ちゃんの部屋だけ生活臭があってね(笑)だから、あんまり行かなかったwww』

能生さん、やっと反論のチャンス到来!!
黒『生活臭っていうか、僕はみんなと東京に来る前から一人暮らしをしてたんですよ。だからコッチに持ってきた荷物も使ってた物ばっかりで、みんなみたいに新しい匂いとかが無かったの。』
以上、生活臭疑惑についてでしたm(__)m

松『みんなで集まってミーティングするのはジルの部屋が多かったですね~。ジルの部屋には何にも無いんですよ!!部屋の広さは同じだけど物が無かったから、一番ジルの部屋に集まってたね』
黒『確かにジルの部屋って一番物は無かったけど、一番汚かったよね?』
松『そうそう、アイツの部屋って物は無いけど汚くて、でね、カップヌードルの汁をちょっとだけ残すんですよ。それを灰皿代わりにするために、で満タンに溜まってある日それを倒しよったんですよ!!そしたら、自分が今までかぶってた布団をその吸殻にバッ=3てかけて「ほんで?」って、何も無かったかのようにしゃべり続けるんですよ。あの時はビックリしたwww』

司会の浅井さんの『ROCKですね~~』の言葉に
松『ROCKですかぁ??(笑)』と“ジル=ROCK”とそんな方程式ができた8月29日www

○ココからは客席からの質問
★今年の夏にやり残した事は??★

黒『やってない事はライヴなんだけど、やり残したと言えばそれは違うし・・・
出来れば早く夏が終わってほしいです。』

松『なんで~~??』
黒『だって、今年は暑すぎやろ!!俺らの子供の頃って、学校では当たり前のようにエアコンなんかついてなくて、ノートの上に腕とか乗せてたら、こうやってメリメリってくっついてきたじゃん(汗がついた腕がノートに張り付いてそれをはがしてる様をジェスチャーにて)下敷きとかで仰いだりさ
浅井さん「下敷きを下敷きとして使うんじゃなくて、うちわとして使ってましたね(懐)」
黒『でも、それで過ごせたけど、今は絶対に無理やで!!だから、早く終わって欲しい』

松『僕はね~、今年の夏は一回も水着姿の女の子を見てない!!』
黒『ソレ、やり残したこととちゃうやん!!(笑)』
松『いや、なんで~よ、水着姿は夏しか見られへんねんで!!海とか行ったらおるやん!!海行ったりせえへんの??』
黒『行かない。。。ってか、最近の海水浴場って刺青禁止の所もあったりしてね』
松『へ~海水浴場もそんなんあんの??やったらTATOOって言うたらええやん』
黒『一緒やん』
松『ほんだら、シールですとか、自分で書いてるんですとか(笑)』

黒『あ~俺そういえば、まだW観にいってない』
 客席一同え~~~!!
黒『だって、もうDVDでいいかなと思って』 
松『アカンよ~!!ちゃんと映画館まで行って観て!!』
黒『え~、だって暑いじゃん』
松『映画館入ったら涼しいやん』
黒『行くまでに、もう無理なの』

能生さんの体はアイスクリーム並みに暑さに弱い様です。

★今後『W』はライヴで聴くことはできるのか??★

松『あるんちゃうかな??僕は別にSOPHIAだからとかSOPHIAじゃないからとか拘って無いんです。
今回は色々と大人の事情があって、SOPHIAとしての曲では無く都と僕の作品って形になったけど、別にやってはいけないわけじゃないし、あんまりその辺は考えて無くて。
じゃないと、ライヴでエターナルが登場したりせえへんからね。
他のメンバーも、やるって言うたらやってくれると思うし、そんな拘って無いと思うよ・・・ちゃう??(黒ちゃんに向かって)』

黒『ふ?うん。』←不意に話を振られた感
後に放送された『ヲタしい』でも、都君と二人でWをやろうと言ってたし、復活の際には生で聴けそう。

○誕生日メール

松『こないだ僕の誕生日に黒ちゃんから定型文が送られてきたんですよ。
誕生日おめでとう!これからもヨロシクって。で、その定型文の後に自分の家にあるエターナルのフィギュアの写メが貼ってあって』

黒『そうそう、ぼくの自宅にあるフィギュアを取って、携帯で写したの』


○最後のご挨拶

先ずは黒柳さんとの紹介で、客席からクスクスと笑い声が
黒『なんだ、そんなに黒柳という名前がおかしいのか??』
松『アカンは黒ちゃん、そこで「え~あの~わたくし」(徹子風)にやらな~』
黒『ちょっとでも掠ってたらやるけど、かすりもしないからね(笑)』

黒『ミュージシャンなのに次のライヴの約束ができてないってのは、心苦しいんだけど、ソレは都も一番に感じてることだし、帰ってくるのを待つしか無いからね。
俺らのライヴを糧に頑張ってくれてる人がいるのなら、その人達の為にも最高のライヴが出来るように俺も頑張りたいと思うので、今後ともどうぞヨロシクお願いします


松『俺らが今はライヴが出来てないけれど、必ずできる日は来るねん。
それは、スタッフが支えてくれてるとか、都の調子が良いからとか、そんな事じゃなくて
こうやって、活動もしてないのにみんながずっと待っててくれてるから。』

なんて風なご挨拶でした。

最後の挨拶が終わり、ボチボチお別れかな??と思ってたら
松『あっ、ちょと待って!!皆に見せたい物があるねん!!』と言葉を残してリーダーがおもむろに舞台の袖に足を運ぶ。
すぐにステージ上に戻ってきたその手には小さめの箱が握られ。。。
松『コレ、一回目の時には間に合わへんかってんけど、さっきスタッフが届けてくれました!!』
小さめの中の箱には前日に放送された、ふしぎ発見で見事獲得されたクリスタル・ヒトシ君。
手のひら大の箱には、ヒトシ君ロゴがちりばめられた包装紙で包まれて
松『ホラ、見てちゃんと包装されてるで!!(笑)』

浅井さん「なんか、どうみてもプリントアウトされてますよね(笑)」

松『どこでも有るようなシールもちゃんと貼ってある(チープな感じのシール)
なんで、関西人って包装紙を綺麗に開けようとするんやろうね??』

そう言いながら、そっとシールをはがして、包みの第一段階を開けたリーダー・・・ソレは関西人というか、性格的なお話だと思うよ。
松『はい、コレあげる』←はがしたシールを黒ちゃんに手渡す
黒『for youって、どうみてもコレってスーパーとかで売ってるシールやん!!(笑)』
なんて、やりとりした次の瞬間・・・・底の方から箱を押し出して最初の慎重な工程は台無しにされておりました(爆)手を滑らして落としそうになってたのをキャッチという危ないシーンも挟む^_^;

松『コレね、テレビとかで見てたらクイズも簡単そうに思うでしょ??それがね、意外に難しい・・・テレビで放送されてる問題見たらこんなん解るわ~って思うでしょ??それが難しいんですよ~。なんて言うたらええかな??』
黒『えっ!?テレビでは問題が簡単にされてるってこと??』
松『う~ん、問題が簡単にというか、情報量がものすごい多いから、そこから答えを導くのがすごい難しいねん』 

ようやく箱を開けてジャ~~ン!!となる予定がプチプチに包まれており、またそれを開けてようやく長い道のりのお披露目。
松『ホンマは獅子とかでステージにコレを置いて、ピンスポあててお披露目する予定やってんけど、一番に見せたくて』と手にしたクリスタルヒトシ君。
ガラスでできた感じの所謂バッタモンは時折怪しい雑貨屋かなんかで見かける事もあったけど、本物を見ることなんて、まぁ無いのでここぞとばかりに身を乗り出してガンミ(笑)
印象は以外に小さい(女子の手のひらサイズくらいかな??)照明があたってキラキラしてた。

松『もう、やっと取れましたよ』
黒『で、それを俺にくれるんでしょ??』
松『なんでや(笑)俺はコレを取って、みんなに見せる為だけに2年半頑張った!!もう、ええ=3』
黒『えっ、もういいの??だったら次は俺の分を取ってきてよ♪』

あと4体揃えてメンバー全員でお揃いにしちゃいなYO!!
最後はもう一度、丁寧にプチプチに包みなおして、箱に入れておられました。

そして、手を振りながら袖をを掃けていく姿をお見送りして、SOPHIAとしての久しぶりの逢瀬は終了。
浅井さんの進行で、上映会後半がスタートする。

両国の映像&大阪厚生年金会館の映像から始まり、今後ファンクラブで発売予定のBANDAGE・日比谷・楽園の映像が流れる。
楽園以外は参加できたライヴだったので、映像と記憶が重ね合わさりながら見ていた。
厚生年金のライヴでは、待つと言うことが決まってたけれど、その他のライヴの時には当たり前に次のライヴがあるなんて思ってたな。
今でも、必ずライヴは有ると思っているけれど、同じ気持ちじゃない事は確か。
この待ってる期間が、いかにソノ場所が大切か??なんて事を教えてくれる。

あ~あの場所に行きたいなぁぁって、過去の映像を見ながらそこにトリップしたい思いが単純に湧いてきた。
ソレはこの時はよかったぁぁとか言う過去を振り返るんじゃなくて、ただ単にこの5人が揃ったライヴに行きたいと純粋に思った。

ぶっちゃけ、私は若く無いんでね~、身の回りの世間的には『そんな事にうつつを抜かして』なんて風当たりは冷たいんですよ(苦笑)でも、SOPHIAという存在があるから、こうやって主婦という一見なんの面白味も無い生活を楽しく送れるし、家族と過ごす時間がいかに大切か??なんて事も大袈裟かもしれないが教えてくれているのは紛れもない事実。


「待っててくれてるから」なんてメンバーさん達は言ってくれるけれど、今の状況を受け入れて信じて待つという行為は、ごくごく当たり前の事でそんなに難しい事では無い。
上手く言えないけれど待ってる事に疑問を感じず過ごせるのは、やっぱりSOPHIAだから・・・・
逆に言うと『待つ選択をさせたのは、今までのアナタ達がいたから』
いつかの松岡君の言葉を借りると『オマエらのせい』ってやつです。

まっ、こうやってイベントなりヲタしいなり、個々の活動、都君のツイッター等
メンバーがライヴ活動休憩している間にも、色々とやってくれちゃってるから
、あんまり待ってるとか言う感覚が無いんだけどね(笑)

終始和やかな雰囲気で進められたサマショ@2010
なんだかとっても穏やかな気持ちになれた8月29日。
私の暑すぎる夏は終わり、暑すぎる秋が始まりました(;一_一)
 
トラックバックURL
http://with0318.blog97.fc2.com/tb.php/1208-68018b0c
トラックバック
コメント
レポお疲れでした!!
超大作感動巨編、きっちり読ませていただきました。
やっぱりこの「あー言えばこー言う」コンビが現れると喋りの量が半端なく増えますね(笑)

レポすることを考えると大阪行かなくてよかったと思ってしまったりするんですが(^_^;)やっぱり見たかったなー、クリスタルヒトシくん。←お約束(笑)

あえて場の空気を読まないストレートな発言で良くも悪くも話の流れを変えてしまう2人のエアークラッシャーっぷりも健在のようで、SOPHIA LIVEに行きたい願望がさらに強くなりました!

会場に行くことはできなかったけど、疑似体験は出来た気がします☆
ホントにお疲れ様でした。
そして、あざーっした!!
Posted by めぐみ at 2010-09-08 21:33 | 編集
超大作・感動巨編??なんてスペクタクルな作品まではかなり遠いですが、とりあえず覚えている&思い出した事は全部放り込みましたぜ!!
真面目な話が有ったような??無かったような??当日は涙がグッとくると言うトークでは無かったものの、安心してお話を聞ける!!そんな、気持ちで、とっても和ごむ時間でした。

あんな和やかな時間を過ごすと、純粋さを取り戻すのも当然で、頑張って良かったなぁぁと思う次第でございます。

ええ、クリスタルヒトシ君はこの先リーダーが間近で見せてくれない限り、現物なんて拝むことはなかろうと、その時ばかりは、最前の皆様前に座席に着いたまま乗り出して見ておりましたよ。
後光が差してて綺麗でございました・・・良いだろーー(笑)

本当にその場にいて欲しかったので、雰囲気だけでも味わっていただけたのなら幸い!!
次回のSOPHIA的活動の際は疑似体験とは言わず、一緒に味わおう♪
Posted by aki at 2010-09-09 02:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する